精神保健福祉士とは?

「精神保健福祉士」は、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker) という、心に病を抱えた人達(精神障害者、発達障害者、知的障害者、認知症等)が スムーズに生活を営めるように必要な訓練を行ったり、社会復帰の手助けをする人 たち(国家資格)です。

主な仕事内容・・・??

●入院生活のサポート
●医療費や生活費などの手配の仕方を紹介
●公的な支援制度の紹介
●社会復帰のための日常の訓練の援助
●就労支援(就労後の定着支援)
●教育機関や企業での相談業務や研修・セミナーの開催

医師やスタッフと情報共有を行いながら、患者本人はもちろん、その家族からの相談にも乗ってく れます。

主な活躍の場・・・??

●精神科病院、総合病院の精神科、精神科・心療内科クリニックなどの医療機関
●自治体、保健所、精神保健福祉センター、福祉事務所などの行政機関。
●障がい福祉サービス事業所、最近では児童養護施設、高齢者福祉施設、保護観察所、矯正施設などの福祉施設。
●学校(小・中・高校・大学)
●企業など

精神保健福祉と社会福祉士の違いって?

★精神保健福祉士—支援対象者が精神障がい者のみ
★社会福祉士—高齢者、子ども、すべての障がいを持っている方が対象

精神保健福祉士になるためには

●まず受験資格を得る必要があります。 その方法は10通り。福祉系以外の大学や短大卒業の方でも、一定の条件を満たすことで受験資格を得られます。
●試験は例年1月~2月上旬。精神保健・福祉や障害者関連の領域から16科目で出題されます。